映画・テレビ

ブラック・スキャンダル

観たいものがなかったので、と言うとなんですが

「ブラック・スキャンダル」を鑑賞

Photo

1975年、サウスボストンでアメリカ史上最悪の汚職事件が起きた

マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリーは、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げる幼馴染のギャングのボス、バルジャー(ジョニー・デップ)と、利害の一致により密約を交わす・・

Bs2


実際のバルジャーに似せる為、このようなヘアスタイルに

昔、やたらと人が殺されるマフィア映画をよく観た記憶がありますが、それ程でもないにしろ、このバルジャーは冷酷残忍に人を殺す

そんな兄に政治家の弟が居ると言うのもどうかと思いますよね

とにかく、やり過ぎればバレますよね~┐(´-`)┌

と言うか、そこまで癒着を野放しにしたFBIも如何なものかと、映画を観る限りでは思いますが・・

いずれ悪事は露見しますよね~(lll゚Д゚)

と言う感じの作品でした

| | コメント (0)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

こちらもとても楽しみにしていた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」

初回の「エピソード4」より40年近く経つも

今なお多くのファンを持つ「スター・ウォーズ」シリーズ

私もその一人

しかも懐かしいハン・ソロやチューバッカも登場すると言う

Photo

ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が、銀河系の平和を脅かしていた

レジスタンスの将軍となったレイア姫は、最大の危機に直面し

唯一生き残ったジェダイである兄ルークの力を必要としていた

今回新たに魅力的なキャラが登場

ヒロインのレイ、綺麗可愛い顔に意志の強さを感じる

ダース・ベーダーの遺鉢を継ぐ、十字のライトセーバーを操るカイロ・レン

ゆくゆくこの二人のしがらみも明らかになりそう

そして私的に可愛くてとても気に入ったBB-8

R2-D2も好きでしたが、この子は本当に可愛い

Bb8

くるくる回りながら一生懸命レイの後を付いていきます

欲しい

とにかく、ハン・ソロやレイア姫、ルークも最後に登場しますが

歳を取った懐かしい面々に年月の流れを感じつつも

目の前に繰り広げられるスター・ウォーズの世界にワクワクしました

三部作なので、これからどういう展開になるのかまた楽しみです

あと余談ですが、007のダニエル・クレイグがストーム・トゥルーパーの一人として出演していたらしいです

フォースに操られてレイの手錠を外した奴だったとか

事前に知っていれば意識出来たのに、少し残念でした

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

今年も拙ブログを御覧頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

来年もよろしくお願い致します

良いお年をお迎え下さいませ

| | コメント (2)

007 スペクター

楽しみにしていた「007 スペクター」を鑑賞

007

ボンドは生家「スカイフォール」で焼け残った写真から

Mが止めるのも聞かず、謎を解明する為、単身メキシコとローマを訪問

死んだ犯罪者の妻ルチアと巡り合い、悪の組織スペクターの存在を確認する

前半のヘリを奪うシーンは物凄く興奮したし

雪山でのセスナの両翼を切断しながらの追跡劇は小気味良過ぎました

あとボンドの駆るアストンマーチンとジャガーのカーチェイス

見所盛り沢山でした

そして今回のボンドガールは妖艶な美しさのルチア(モニカ・ベルッチ)

可愛さとセクシーさを兼ね備えたマドレーヌ(レア・セドゥ)

どちらも魅力的

やっぱり007シリーズは全ての要素が好き

ダニエル・クレイグもすっかりボンド役が定着し、ブルーの目とスマートな所が好きです

因って凄く楽しめました

007_2


アストンマーチンも惚れ惚れしますね~

クラシックなタイプも好きですけど

| | コメント (4)

劇場版MOZU

劇場版MOZUを鑑賞

の前に恒例の星乃珈琲でお茶

いつもはスフレパンケーキですが

今日はフレンチトーストにしてみました

Mozo_001_2

ふわふわで生クリーム付きでなかなか

Mozu

MOZUシリーズはTBSとWOWOWの共同制作のドラマですが

今回はその完結編と言うこと

ドラマの方は、全編観た訳ではないですが、ざっくりと把握

TVの宣伝が面白そうだったので観る事に

高層ビル占拠爆破とペナン大使館襲撃、二つの大きなテロが発生

これらの事件は、犯罪プランナーの高柳と

実行部隊を率いる権藤を中心とするテログループによる犯行

その背後には、日本犯罪史の重大事件を影で操っていた「ダルマ」がいた

事件の真相を追う倉木達とダルマの死闘が始まる・・・

MOZUは元々えぐいシーンが多くて、それが全編観てない理由ですが

劇場版MOZUでは、特にショックが大きかったのが

松坂桃李扮する権藤の残忍さ

殺人で興奮するタイプで、また殺し方が残虐

彼の優しいイメージとのギャップが凄く、怖かったです

総じて面白かったですが、やっぱりMOZU はえぐい

Mozo_002

映画の後は前から気になっていたラーメン屋さん「一刻堂」へ

チェーン店のようです

Mozo_004

一刻しょうゆ、背油少なめのあっさりに

Mozo_005

サイドは唐揚と餃子をシェア

なかなか美味しかったです

| | コメント (2)

ジュラシック・ワールド

シリーズ4作目、14年振りの「ジュラシック・ワールド」

こちらは迫力増すかな?と思い、3Dで鑑賞

Jw

世界中から毎日2万人の観光客が訪れる「ジュラシック・ワールド」

パーク運営責任者のクレアは更なる集客の為、遺伝子操作に依り

凶暴で知能の高い新種の恐竜、インドミナス・レックスを創る

ところが、これが脱走

ジャイロスフィアと言う球体の乗り物で恐竜を見学していたクレアの甥達が襲われる・・・

恐竜の鼻息や鼻水が掛かりそうな臨場感、スリリングでした

驚いて飛び上がりそうになったシーンがありました

迫力あるモササウルスの水中ショー、恐竜と並走出来るジャイロスフィア

安全が確保されるなら、こういったテーマパークが実現したら

是非行ってみたいと思いますが・・・

Jw2

| | コメント (2)

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

「ミッション:インポッシブル」シリーズ5作目

「ゴースト・プロトコル」から4年目?

楽しみにしていました

Mi5

IMFのエージェント、イーサン・ハントは謎の多国籍スパイ組織「シンジケート」を秘密裏に追跡

罠に落ち、催涙ガスで捕らわれてしまうが、謎の美女イルサに幇助され脱出

しかし同時期にIMFは解体され、後ろ盾を失ったイーサンと仲間達の「シンジケート」との死闘が始まる・・

冒頭から始まる、話題となった飛行機のぶら下りシーン

今回もサービス精神旺盛なトム・クルーズが命懸けのアクションを見せてくれました

前回のブルジュ・ハリファの外壁を這うシーンと言い、信じられないアクションをこなす彼の身体能力は半端ないですね

あと私的にインパクトのあったイルサの太腿の首締め

セクシーな技でした

とにかく面白かったです

| | コメント (4)

ターミネーター:新起動ジェニシス

お久し振りのターミネーター

楽しみにしていました

Photo

タイムスリップものは何かとややこしいのですが・・

サラの抹殺を阻止する為、抵抗軍のリーダー、ジョンに過去へ送られたカイルは

T-1000に襲撃される

☆無表情のイ・ビョンホン、中々はまってました☆

窮地をサラに救われ、彼女が「オジサン」と呼ぶT-800(シュワちゃん)と共に

暴走する人工知能ジェニシスの阻止に向かう

ところがそれを阻む最新最強のT-3000が現れ・・・死闘に

久々のシュワちゃん節?ターミネーター節?も盛り込みつつ

スケールの大きいアクション

面白かったです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密

久し振りに映画鑑賞

ナイトミュージアム/エジプト王の秘密

005

その前に最近恒例の星乃珈琲

Img_0847

ふわふわのスフレパンケーキ

珈琲も美味しいです

3

で、ナイトミュージアム3

シリーズ最終作となる本編

夜になると博物館の展示物達に命を吹き込む石版が崩壊し始め、魔力を失いかけていた

それを防ぐべく、ラリーと仲間達は秘密を解く鍵となる大英博物館へ赴く・・

3作目にしてちょっとマンネリ感は否めませんでした

故ロビン・ウィリアムズの最後の台詞は感慨深かったですが・・

ヒュー・ジャックマンがサプライズで登場するも、個人的にはあまり盛り上がりませんでした

Img_0848

映画の後は、たまに食べたくなる名古屋名物あんかけスパ

カニクリームコロッケのトッピング

高カロリーですよね

| | コメント (2)

華麗なるギャツビー

WOWOWで鑑賞

1

ニューヨーク郊外、ロングアイランド、ウエスト・エッグにあるギャツビーの邸宅

そこでは毎夜、煌びやかなパーティーが催され

隣に住む作家志望のニックにも招待状が届いた・・

2

ギャツビーは元恋人、今は資産家の妻であるデイジー・ブキャナンと再会を果たし

また愛を育もうとする

3

浮気者の夫に憔悴していたデイジーは、束の間懐かしさと、至れり尽くせりのギャツビーに惹かれるが、皆で訪れたニューヨークのプラザホテルで、夫のトムと彼が喧嘩を始めるとパニックになり、ギャツビーの車を自ら運転し、たまたまフラフラと出てきたトムの愛人マートルを轢いてしまう

マートルの夫は妻がギャツビーに轢き殺されたと思い、彼の邸宅のプールで彼を射殺してしまう

何故富豪になったか些か黒い謎に包まれたギャツビー

毎夜豪華なパーティーを催したのもデイジーに再会する為

動機はデイジーに対する純粋な愛

しかしデイジーは身代わりで射殺されたギャツビーの葬式に花も手向けず、家族で旅立ってしまう

気の毒なギャツビー、隣人で友人のニックは嘆きます

何とも釈然としない、虚しさの残る結末・・

ただアール・デコ調のドレス、ジュエリーなどはとても素敵でした

| | コメント (4)

映画 DIANA

WOWOWで鑑賞

故ダイアナ元妃の離婚前後のプライベートなラブロマンスや慈善活動を描いたもの

ナオミ・ワッツが上目遣いの彼女の表情を良く演じていました

1

チャールズ皇太子との御成婚以来、人々の憧れと羨望の的だったダイアナ元妃

その人気の影でとても淋しい想いをしていたとは

様々なスキャンダルが明るみに出るまで誰も想像出来なかったと思います

この結婚には3人居たと皮肉った彼女

幸せな家庭を築きたかった彼女の望みは叶いませんでした

2

しかしパリでの事故の際、一緒に居たドディ・アルファイド

多くの人が彼がダイアナ元妃が本気に交際した相手と認識していたと思います

ところがこの映画で初めて知りましたが、ドディの前に彼女が再婚まで考えたと言われる恋人がいたのです

パキスタン人の心臓外科医、ハスナット・カーン氏

映画ではこのハスナットとの交際と破局に焦点が当てられています

ダイアナ元妃が真実の愛と言い、お互い尊敬し、慈しみあった関係は

宗教上の問題や、あまりにも有名人であるダイアナ元妃との交際が、ハスナットの仕事に与える影響などを鑑みて破局へと・・・

3

映画では、ドディとパリのリッツホテルに滞在している間も、ハスナットからの電話を待っているようなシーンがありました

真実は分かりませんが、そんな恋人が存在したと言うことは、周囲の友人等の証言から確かなようです

ただ久し振りにダイアナ元妃の事を想い出し、少女のように無邪気に恋する可愛らしい彼女を観る事が出来、そしてダイアナ元妃の着ていたものを忠実に再現したドレスの数々を鑑賞出来て良かったです

映画自体は酷評されたらしいですが、女性は少なからず共感を得られる映画だと思います

| | コメント (2)

より以前の記事一覧