« 京都 参  曼殊院 | トップページ | 諏訪屋 »

京都  四  築地

南座から先斗町を右に見て高瀬川を少し北に行き、細い路地を左折すると右側にそれはある

古めかしい、間口の狭~い喫茶店

以前来たのは随分前

全然変わってない

何故か二階に通される

084_2

何と無く2人ともウインナー・コーヒーを注文したのだが、後で京都で初めてウインナー・コーヒーを出した店だと云う事が判った

生クリームは殆ど溶けてたけど味はなかなか

 

ソーサーを四つ並べたら一杯になる位の、ドリフのコントのような幅30cm程の笑っちゃうテーブル (失礼)

085

 

店内は狭く、仄暗い

086

いろいろな骨董品が処狭しと置かれている

088

089

の沢山のランプの向こうが入り口脇のレジ

090

091

京都にはおしゃれなカフェが沢山あるけどなんか気になるお店

間は空いてるけど3度目の訪問

ここへ来ると京都に来たなって感じも・・

何と無く奇妙な異空間

ベネチアの200年の老舗のカフェ・フローリアンもすごく素敵だった

歴史のある店ってなんか不思議な魅力があるんですよね~

|

« 京都 参  曼殊院 | トップページ | 諏訪屋 »

雅・京都」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都  四  築地:

« 京都 参  曼殊院 | トップページ | 諏訪屋 »