« ホテル・アソシア高山リゾート | トップページ | 魔法にかけられて »

飛騨高山美術館

052

翌日はこれと言って他に候補もなかったので、私の好きなアール・ヌーヴォー系の所蔵多しということでここへ

予想を超えた垂涎の展示

写真はないですが、まず入り口のルネ・ラリックの噴水ホールが素敵

053

ルイ・マジョレル、エミール・ガレ

マッキントッシュ等

アール・ヌーヴォーの巨匠の調度品の数々

054

056

独特の雰囲気

素敵すぎる

058

なんてキュートなシャンデリア

059

これも素敵な本箱

060

ウィーン分離派ヨーゼフ・ホフマンのダイニングセットなど

どれもこれも素敵

061 062

しつこく撮り過ぎ?

064

展示に大満足した後は、ランチに

美術館内のマッキントッシュのデザインを取り入れたというティールーム

065

シックでラベンダー色のクロスがいい差し色のこれまた素敵なカフェ

カレー、日替わりランチなど軽食がいただけます

066

電車の時間に合わせてホテルのシャトルバスが出るまでしばしティータイム

067 ラウンジも明るくて、ヨーロピアンな感じのとってもくつろげる空間です

期待どうりとてもいいリゾートホテルでした

|

« ホテル・アソシア高山リゾート | トップページ | 魔法にかけられて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飛騨高山美術館:

« ホテル・アソシア高山リゾート | トップページ | 魔法にかけられて »